VRTC研修事業facebookページ

「構造組立初級1」4月【2】コース

 

 構造組立初級1 4月18日コースが(4月25日までの平日6日間)開講しました。新入社員8名の方々に受講していただきました。初日から2日間は生産職基本についての座学です。安全衛生教育・航空機の基本を、熟練講師から学んでいただきます。正確な製品を作る意味等を理解していただき3日目からの実技へ生かしていただきます。(4月18日)

計測器の座学では、スケールやノギスについて学びます。図面の見方~ケガキの実技に必要な重要な時間です。3日目から実技が始まります。正しい服装の着用を確認し危険予知活動、使用する工具の確認作業は、怪我をしないために大切な事です。材料のカットラインの仕上げはヤスリを使用します。平滑な表面にするためにはヤスリかけ角度の見極め・力加減が難しく、慣れない作業のため講師の教えを繰り返し実践してください。(4月19日、22日)

4日目、穴明け作業です。薄板へ穴位置の罫書きをします。座学で学んだ計測器の使い方を習得していないと正確に作業が出来ません。ドリル使用時は基本姿勢を保ち真直ぐな穴を明けていきます。添え手や基本姿勢が乱れるとズレが大きくなり、キズがついたり規格外の穴の大きさになってしまいます。講師からいっぱい学んで習得してください。(4月23日)

厚板の穴明け作業です。薄板と同様に正確な罫書から始まります。薄板とは違い、多少の角度のズレでも厚みがあるため斜めに深くドリルが入ってしまいます。万力やクレコで板を固定したり、ドリルガイドを使用したりと研修中に試して正確な穴明けを学んでいただければ有難いです。基本姿勢を体得して、職場で頑張って頂きたいです。(4月25日)


株式会社ブイ・アール・テクノセンター
担当 櫻井・大前
TEL:058-379-2281
FAX:058-379-2282
E-Mail: